子規堂

shikido.ehime.jp

子規堂

default

 子規堂は、正岡家の菩提寺である正宗寺(しょうじゅうじ)境内に建ち、子規が17歳まで暮らした家を復元した記念堂である。
 子規堂内には、子規の直筆原稿や遺墨・遺品などを展示しており、筆まめで鋭敏な子規の性格を感じとる事ができる。勉強部屋や愛用の机などもみもの。
 正宗寺の境内墓地に入ると右手に高浜虚子の筆塚、正面には子規の埋髪塔と内藤鳴雪の髭塔があり、その後方には正岡家のお墓がある。
 また、子規堂の正面には夏目漱石が小説の中で「マッチ箱のような汽車」と評した通称『坊っちゃん列車』の客車もある。

子規堂の始まり

 子規堂は、もと松山市湊町4丁目1番地にあった正岡家の旧居の一部を移して建てたものから始まる。その後、昭和8(1933)年に焼失し昭和10(1935)年に再建したが戦災により又焼失した。
現在の子規堂は昭和21(1946)年に子規の妹律子の遺した記録図と友人柳原極堂氏の記憶に基づき、当時の居宅の構造をそのまま再現したもので旧宅のたたずまいを真によく回想し、かつ考証するに足るものである。
昭和23(1948)年10月28日、埋髪塔と同じく愛媛県の「記念物・史跡」に指定された。