正岡律

明治3年10月25日ー昭和16年5月24日

正岡子規の3歳下の妹。財団法人子規庵保存会の初代理事長。

幼少期は気弱だった子規をいじめる人に、仕返しをするほど活発で気丈な性格だった。

明治25年に肺結核で身動きが取れなくなった子規の看病をするため、母八重と上京。根岸で子規を10年にわたり介護した。

子規の死後(明治35年)は家督を相続する。同年 正宗寺の子規遺髪埋埋葬式に参列。                    その翌年に共立女子職業学校(現 共立女子大学)に入学する。卒業後は同校の事務員を経て和裁の教師となる。

大正10年、母の八重の看病のために退職した後、子規庵で裁縫教室を開いた。 昭和2年に母八重の骨を正宗寺に分骨するため、帰省。その翌年、財団法人子規庵保存会の初代会長となった。

関連記事