坊っちゃん列車

夏目漱石自身が松山での教師体験をもとに描かれた小説『坊っちやん』の中で、「マッチ箱のような汽車」として登場しており、主人公の坊っちゃんが乗った事から坊っちゃん列車と呼ばれるようになった。

関連記事