正岡子規

慶応3年9月17日-明治35年9月19日

 名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改名した。
 俳句・短歌・新体詩・小説・評論・随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした明治時代を代表する文学者の一人である。

関連記事